タイ旅行記 2007.11.28-02

まずは腹ごしらえ。

いつも行くおいしいご飯屋さん。
先代の女将が抜群に料理が上手くてカオサンで飯を食うならここだった。
その女将は引退(?)して息子(?)が跡を継いだ。
その息子も見た目は怖いがちゃんと女将の技を受け継いでて変わらぬ美味しさ。
前から

中から

食材たち

下段左から、ごはん、えんどう豆、にんじん、ヤングコーン、ふくろ茸、もやし、チャッカマン、まな板、
ショーケース下段、はくさい、キャベツ、菜っ葉、右側はセンレック、センヤイなどの米麺、その隣に玉子、
ショーケース上段、にら、はくさい、レモングラス、ショウガ、トマト、玉ねぎ、などなど。
メニュー

1.焼き飯/具は豚、牛、鶏、イカ、野菜から選べる。
2.パッタイ、エビ入り
3.野菜炒めぶっかけご飯
4.具入りオムレツ
5.タイスキ/鶏、豚、イカ、エビ
6.トムヤムクン/エビがクン、その他鶏、豚、イカ
7.焼き飯、エビ入り
もちろん、これだけと言うわけでなく、
メニュー1

メニュー2
たいていのものは出てくる。
ご注文。
まずはビールを
ビアチャーン(チャーン:象)
ビアチャーン
カオパットガイ(タイ風焼き飯・鶏)

パッタイ(タイ風焼きそば・エビ)

トムヤムクン

エビが食べても食べてもなくならない。

ぷりぷりうまい。
ビールがすすむ。もちろんビールおかわり。